海外のNode.js系スタートアップのニュースを紹介

今日は今までと雰囲気を変えて、Node.js 系スタートアップに関するニュースを紹介します。

Nodejitsu が GoDaddy にジョイン

これは昨日発表されたニュースです。 NodejitsuはHerokuのようなPaaSを提供しているスタートアップです。 Nodejitsuが公開している有名なnpmパッケージとしては forever, node-http-proxy, winston, flatiron.js がありますね。forever は node.js をデーモン化するために使ってる人も多いのではないでしょうか。node-http-proxy はプロキシとして定番ですね。 Nodejitsuが元々やっていたサービスは提供をやめるそうですが、Node.jsコミュニティへの貢献は引き続き行うと表明しています。

一方で、GoDaddyはドメイン登録、VPS、サーバホスティング、SSL証明書の発行といった、日本で言うお名前ドットコム的な存在ですね。GoDaddyは元々インフラを.Netで開発していて、インフラのサーバ台数を削減させるためにNode.jsに切り替えているんだそうです。このタイミングで、Node.jsのプロフェッショナルを多く抱えているNodejitsuを買収することで、Node.jsの開発力を高める狙いが合ったと見られます。また、GoDaddyはStrongLoopというNode.jsによるmBaaSを提供しているスタートアップを自社のAPI基盤として採用したことも昨日ニュースになりました

Joyent が Node.js Foundation を設立

こちらも昨日発表されたニュースです。 Node.jsを管理していて、Node.jsによるクラウドサービスを提供しているJoyentがIBM, Microsoft, PayPal, SAP, Linux Foundationなどと協力してNode.jsコミュニティでopen governance modelを進めるための組織の設立を発表しました

Joyentはio.jsというNode.jsのforkが出たこともあり、コミュニティからの求心力が下がっていました。 今回の発表で open governance model つまり議論をオープンにし、コミュニティの意見を尊重しますよという姿勢を見せることで、改めて求心力を取り戻そうという狙いが見えます。 ちなみに、io.js も同様に open governance model を採用しています。 今後 Joyent 側がどういう動きを取るか注目です。

NodeSourceの資金調達

Node.jsの開発ツールやトレーニング、コンサルサービスを提供するスタートアップであるNodeSourceVCから3百万ドルの資金調達を実現させました。 低コストでハイパフォーマンスなWebサーバであるNode.jsを導入してみたいという企業は多そうなので、今後もこういったサービスの需要は増えそうですね。

まとめ

Node.jsは今後も熱い!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *