NSSetの内部実装

NSSet の内部実装

ふと気になったので調べてみたところ、以下のリンクを見つけた。

どうやら実装としてはハッシュテーブルらしい。だから、要素の挿入、削除、検索が一定時間でできる。

なんでそんなことがわかるかというと、NSSet のC言語実装である CFSet が CFHashTable というハッシュテーブルを使って書かれているから。

実は CoreFoundation のソースコードは公開されていて、その一部である CFSet のソースコードも見ることができる。

CFSet のメソッドを見ていると、NSSet のどのメソッドと対応しているか、それとなくわかる。気になる実装を軽く眺めてみるだけでも楽しいかも。もしかしたら、CoreFoundation のクラスの内部でクラッシュした時に、参考になるかも(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *